目黒学院

お電話でのお問い合わせはこちら03-3711-6556

学校へのアクセス メニューを表示

目黒学院の紹介

目黒学院の紹介

建学の精神

建学の精神

建学の精神

「明朗・勤勉・礼節」

目黒学院における 「明朗」とは、ものごとを前向きに捉えて前進する意欲の表明であり、「勤勉」とは、ただ単に一所懸命に勉強することではなく、自主創造の力を身につけることであり、「礼節」とは、いわゆる目上への敬意を表すことに留まらず、幅広い教養や常識を身につけることを意味しているといえます。
目黒学院の建学の精神は、実践的な教育の手法や身近な目標の持たせ方は、もちろん時代と共に変化していきますが、教育理念としては決して変わることの無い「普遍の真理」です。






上へ戻る

スクール・ミッション

3つのスクール・ミッション

建学の精神である「明朗・勤勉・礼節」を踏まえたスクール・ミッション(ポリシー)について、説明いたします。

アドミッション・ポリシー(目黒学院が求める生徒像)

本校が育成を目指す資質・能力並びに中学高等学校在学中に学ぶべき教育内容を踏まえ、次のような生徒の入学を求めています。

1.

中学高等学校ともに最低限修得すべき基礎学力の上に、各自の心身の発達及び進路に応じて、本校で高度な学力を身に付けようとする生徒。

2.

本校の建学の精神である「明朗・勤勉・礼節」を理解し尊重する生徒。

3.

同窓会やPTA等と連携した多彩な活動に取組むことを通して、理解力、思考力、探究力を育もうとする生徒。

4.

本校で身に付ける資質・能力を発揮して、国内にとどまらず国際問題の課題を自身の課題と捉え、解決に向けて探究し活動しようとする生徒。

5.

物事を決して単純化せず、必ず複数の視点から捉えて、より適切な解決方法を模索しようとする生徒。

6.

単に学力向上にとどまらず、芸術・文化・体育活動等の一能・一芸を尊重し、個々の得意分野をより発展させる意欲を持った生徒。

7.

あらゆる『違い』を認め合い、お互いに相手を尊重する豊かな心を持とうと努力する生徒。

カリキュラム・ポリシー(何を、どのように学ぶか)

次の方針に基づいて教育課程を編成・実施します。幅広い知識と教養を身に付け、真理を求める姿勢を養い、心身の成長とともに豊かな情操と道徳心を培い、個々の生徒が個性や資質・能力に応じた多様な将来の進路を実現できるように教育課程を編成し実施します。具体的には以下の「ア~オ」の各方針となります。

ア 探究活動

地域や世界の課題に対し、生涯にわたって探究心を深めることができるよう、在学中に系統立てた「総合的な探究の時間」を実施するとともに、各教科・科目においても探究活動を進めます。

イ 理数教育

理数を学ぶ意義を体感し、理数への関心を高められるよう、自主性を重んじた探究活動や、同窓会・PTA等と連携した特殊講義、研究機関訪問等を行います。

ウ 国際理解

世界に視野を広げ、協調できる資質を身に付けるよう国際理解教育を推進するとともに、英語でのコミュニケーション力を活かしてグローバルな課題解決力育成を目指した短期海外研修を、希望者全員に実施します。

エ 自主創造

自立した人として、他者と共によりよく生きる創造力を身に付けるよう、同窓会やPTA等との協力・連携体制を確立し、生徒会活動、HR活動、部活動等を活性化します。

オ 体育活動

スポーツの意義を理解し、生涯を通じてスポーツに親しむ態度を育むため、スポーツサイエンスコースを設置し、体育の授業や体育祭、部活動に留まらない特色ある体育活動を行います。

グラデュエーション・ポリシー(何ができるのか)

世界や地域の課題を自分の課題と捉えて、解決に向けて努力するとともに、仲間とともに多彩な活動ができる人間形成を目指します。将来予測が非常に困難な現代社会において、未来を切り拓くために必要な「三つの力」を身に付けさせます。

三つの力(理解力・思考力・探究力)

知識・技能を身に付け、ありのままに理解する力
知識・技能を利用し、論理的に考えて判断する力
知識・技能を調べ研究し、自ら探究・発信する力

上へ戻る